「八尾市のごみ袋」の話。

先日より12月定例会が開会され、可燃のごみ袋がこれまでの45リットルから35リットルへと変更になったことについての議論がされています。

市民理解の無いまま、強引に行われたごみ袋の変更。
改めて今回の議論を聞く中で、変更理由は以下の3点であるように思います。

1点目は「さらなるごみの減量化」
2点目は「事業系ごみの適正な排出」

1点目のごみの減量化については、今後も取り組んでいかなければなりませんし、市民の誰もが感じていることだと思います。

平成8年より八尾市は、家庭ごみの排出時に「指定袋制」を導入し、現在では8種分別という方法にてごみの減量、再資源化に取り組んできました。

今日に至るまで、この制度が定着してきたのは「市民理解・協力」があったからこそということは言うまでもありません。

また、八尾市も分別方式の導入時など「ごみ」に関連する分野について大きな変更をする時は、その都度、市民説明を丁寧に行い「市民理解・協力」を得ながら、市民ととも環境整備を進めてこられました。

その結果、平成17年度をピークに現在までのごみの排出量は年々減少しています。
(ただ、職員数や給与額は増加しています・・・。今回はこの件については述べませんが。)

そのような中、この度の議論で市は、
「これまで排出されていた可燃ごみの組成分析調査(ごみの中身の調査)の結果、分別が不十分なごみが6割程度あり、しっかりと分別をすれば35リットルのごみ袋で十分排出できると判断し変更した」とのこと。

また、追加袋(赤色)の申請に来られた方に対しては、
「なぜ、追加が必要なのかをしっかりと事細かく調査する」とのこと。

要は「ごみ袋が足らないと言っている方は、分別が不十分なので、しっかりと分別して下さい。通常なら追加袋は必要はないはず」と八尾市は考えているようですね。

今回だけは、とても丁寧とは言い難い強引なやり方。

そのような指摘に対しても市は、
「市内にはたくさんのごみ減量推進員がおり、推進員との協議の結果、ごみ袋の変更を決定し、実施した」とのこと。

ごみ減量推進員から「大いに進めるべき」と、まるで、お墨付きを頂いたかのような旨の内容の答弁。
「推進員も同意しているのに、まだ何か文句があるのですか」とでも言いたいのでしょうか。

※「八尾市ごみ減量推進員」とは、自治振興委員(町会役員)のあて職。町会に1名程度いらっしゃいます。

この推進委員や市民の皆さんは、ごみの減量化等については「大いに進めるべき」と考えているのは間違いないと思いますが、今回のごみ袋の変更や拙速で強引な進め方については、大いに疑問を感じられているのではないでしょうか。

市の答弁でも、
「一日中、職員が苦情の電話等の対応に追われている」とあったように、

役所の電話もパンク状況であったようで、私の方にも多くの苦情が届いていますし、その中には、ごみ減量推進員の声も少なくはありません。

「どうにか、ならんのか!」と。

また、2点目の事業系ごみの適正な排出についても市は、
「事業所から出たごみを家庭ごみとして排出されている状態があるので、指導していく」とのことですが、

それなら、まず、事業所への指導をしっかりと行うことをするべきではないのでしょうか。事業者と一般家庭を同様に扱い、一斉にごみ袋を変更することに理解ができません。

いずれにせよ、これまで八尾市の「ごみ」については、市民理解と協力に基づき、市民と行政が一体となり環境を培ってきたのは、言うまでもありませんが、今回の「ごみ袋」の件で、全て台無しになったように思います。

常日頃より八尾市は「市民に寄り添う」と言っていますが、どうなんでしょう?

あまりにも苦情が多いので、後手後手の対応が続いていますが、「市民に寄り添う」とは、当初より、現在の分別の状態や事業者への対応など、市の考えや方針を真摯に丁寧に説明することで市民理解、協力を得ながら、進めることであったのではないでいしょうか。

今回のような頭ごなしな強制的なやり方は、市民に寄り添っているとは、到底感じません。

最後に3点目。
これは、あくまで私の予想ですが、

今後、然るべき時期に
追加袋(赤色)については、有料となるのでしょうね。
_20161206_160540
(写真は追加袋。私的にはペナルティ袋と呼んでいますが)

コメント / トラックバック 6 件

:MM|

ゴミ袋改正に戸惑った一住民です。減らすべきなのはもちろん反対は無いのですが、急でしたし、量より何より袋の小ささに勝手が悪くなりました。家ではゴミ箱別で分類していますが、袋の口が小さくゴミ箱から直接袋に移せない。朝忙しい主婦としては不満爆発です。それに加えゴミ回収の時間が幅広すぎて早いと8時なのに遅いと真夏でも正午回ります。どうなってんの?っていつも疑問です。私はゴミ出し忘れないように八尾市のゴミ出しメール利用していましたが4月に入る頃から突然来なくなったし、ホームページで確認しようとしても4月のゴミ出し予定表も(4/4日現在)まだ準備中でした。いい加減な仕事されてると思ってしまいますね。どこに言えば良いのかわからず、他の方の声を探してたらこちらを拝見したのでコメント残させて頂きました。長々と失礼いたしました。

大松けいすけ

MM様、コメントありがとうございます。他の方へのお返事にも書かせて頂いたのですが、今回の変更は、市民理解を得ない状態での強引で計画性のないやり方だと思います。このような声はたくさんの方々からも頂いており、抜本的な見直しが必要だと思います。また、ご意見があれば、よろしくお願い致します。大変お返事が遅くなり、申し訳ございませんでした。

藤井菜穂子

ほんとに可燃ごみ袋については困っています。せめて大と小と2種類作ればいいのではないでしょうか。あと、大きさよりももっと困るのは、この10月から不足分の配布は本庁まで行かなくてはならないとのこと。ゴミ袋のためにいちいち本庁まで行ってられません。私個人としては、不足分は本庁まで行くよりかは、有料でもいいのでコンビニとかで売ってくれた方がまだいいと思います。ほんとに今回の変更は何の前触れもなく突然だったので怒りを禁じえないです。近くに住んでいますし、たまたま大松さんのページを見つけましたので、書き込みさせていただきました。

大松けいすけ

藤井様、コメントありがとうございます。袋の変更については、正直、何を目的とした変更なのか理解しがたいです。ごみの減量化といいますが、これまで八尾市のごみの量は年々減少しています。ただ、職員は増加してますけど。追加袋については当初は本庁までとなっていましたが、引き続きコミセンにて配布するとの事です。このように今日まで、二転三転の対応ぶりが市民理解を得ない状態での計画性のない変更だったことを証明していると思います。このような声はたくさんの方々から頂いており、抜本的な見直しが必要だと思います。お返事が大変遅くなり、申し訳ございませんでした。

八尾市民Y

不法投棄のゴミをどうにかしてほしいと思い色々探してたらここにたどり着きました。  

以前には不法投棄は犯罪なので先に警察へ連絡を と何処かで見た気がして  警察へ連絡?  確認してから連絡をと思ったのですが、

八尾市のホームページでは不法投棄のゴミをどう処理したらいいか解かりません。

投棄場所は月極駐車場の入り口の横で道路に面したところにあります。 家具、雑貨販売の袋でクッションのような物で滅茶苦茶大きなものでもなく、されど家に持ち帰りゴミ袋に入れて指定日に出せる物でもなく、貴重なちいさなゴミ袋をこんなことで使うのは抵抗あって嫌やし、かたずけたら又ほられそうやし、  皆さんはこんなときどうしてますか。

大松けいすけ

八尾市民Y様、コメントありがとうございます。もしよろしければ、具体的な場所等を教えて頂きましたら、市の方に話をさせて頂きます。お返事遅くなり申し訳ございませんでした。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大松けいすけ プロフィール

大松けいすけ
氏名:大松けいすけ
ふりがな:だいまつけいすけ
郵便場号:581-0016
住所:八尾市八尾木北1-99-2
電話:072-994-4333
FAX:072-995-4100

どんな事でもご相談ください。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

新着情報