「議員の差別化」の話。

本日より9月がスタートしました。
墓参りの後、八尾市議会9月定例会の傍聴に来ています。

2日間にわたり、各議員からの個人質問が行われます。
が、質問する議員対応について、市は「差別化」をされているようです。

八尾市議会にて個人質問を行う場合、議論が深まるように本会議場で質問を行うまでに、市長に対して質問通告(質問する項目や内容)を事前に提出します。

その後、担当所管の職員が質問を行う議員に対し、質問内容の意図や2問目以降の質問の展開などを確認する作業が始まります。いわゆる、答弁調整。そして、本会議場での質問となります。

よく本会議場での質問は出来レースと揶揄されますが、私は決してそうであるとは思っていません。議員の役割、執行部の役割などを議員と職員のお互いが理解、尊重する中で質問が行われます。

議員は市民意見の反映や将来の八尾市のあるべき姿など、市民生活の向上、八尾市の発展を願い質問をします。その願いは職員も同様です。チェックをする側、される側。賛成・反対ありきではなく、互いの主張をぶつけ合い、合意点を探る。その上での賛成・反対。是々非々の議論です。

議員が本会議場で質問できるのは、年に4回。1回30分。限られた回数、時間の中での質問です。ですので、建設的な議論を深めるには、前述のことを踏まえた上での調整があっても良いと思います。

ただ、調整という形をとりながら、最初から出来レースのような質問や市民のことより、市長や職員を擁護するような質問もあります。「しっかりと質問をしています!」といったようなアピールだけの質問や執行部を擁護するような質問ならやめるべきです。それこそ、時間や人件費の無駄です(個人的な感想ですが)。

長くなりましたが、本日より八尾市議会9月定例会が始まりました。

「大阪維新の会」所属の議員が2日に質問を行うとのことでしたので、先日、お伺いしたところ、教育委員会からの答弁調整がないとのことでした。

市長、教育長から調整する必要の無い議員の部類に分けられたようです。

市民からの切実な声を聴いた上での質問内容との事ですので、明日の質問は、しっかりと頑張って下さい。

最後に、答弁調整に来てほしいと望んでおられるのではありませんので、お間違いなく。よろしくお願い致します。
1472707395451

コメント / トラックバック 2 件

菊池和雄(FB友)

大松先生、ご無沙汰いたしております。
早速ですが、教育に関する質問に対して、教育委員会からの答弁調整がないのは気に掛かります。
明日2日の質問内容をお手数ですが教えてください。
教育は、国の根幹です。
よろしくお願い申し上げます。

大松けいすけ

コメントを頂き、ありがとうございました。気づくのが遅れ、今になりました。申し訳ございません。

質問内容は認定こども園に関するものです。
まもなく、録画配信されますので一度ご視聴下さい。

よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大松けいすけ プロフィール

大松けいすけ
氏名:大松けいすけ
ふりがな:だいまつけいすけ
郵便場号:581-0016
住所:八尾市八尾木北1-99-2
電話:072-994-4333
FAX:072-995-4100

どんな事でもご相談ください。

2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

新着情報