「委員会審議終了」の話。

本日、八尾市議会議会運営委員会にて下記の請願(2)について、審査されました。

「市長給与の削減・退職金廃止及び議員定数・議員報酬削減を求める」請願
(1)市長給与3割削減の早期実施と退職金の廃止。
(2)次回の選挙に向け、議員定数を中学校区に1人程度とすべく、28名から13名を削減し、15名とするとともに、議員報酬3割削減の早期実施。

結果は、不採択。採択に賛成したのは、田中しんじ議員(大阪維新の会)のみ。

委員会メンバー
(自民党)田中久夫議員、露原副委員長
(公明党)土井田委員長、永田議員
(共産党)杉本議員、谷沢議員
(民進党)大星議員
(維新の会)田中しんじ議員

今回の請願について委員会審議では(1)(2)とも不採択となり、28日の最終本会議において全議員での採決が行われます。そこでの正式決定となりますが、この分では不採択になるでしょう。

本日の委員会で感じたのは、

自民党市議団内の意見が一致していないのかなぁ?

また、定数削減の方向については賛成で、報酬削減は反対とのこと。
どうやら自民党は、府議団と市議団での考え方は正反対のようです。

現在、自民党府議団は積極的に「3割削減」を継続中。
そういえば、昨年の府知事・大阪市長のダブル選の直後、自民党府議団は「維新より改革を進める覚悟を示すことが重要」として、維新の「3割削減」を上回る「3.5割削減」の方針との報道がありましたが、その後どうなったのでしょう?

また、民進党(市民クラブ)も身を切る改革には反対とのこと。
先日の参議院議員選挙では、民進党の候補者は「身を切る改革」を掲げており、この度、新代表に決定した蓮舫さんも「身を切る改革」を明言されていました。
民進党は何の身を切ると考えているのでしょうか?

などなど。

最終本会議では、各会派からの討論があると思いますので、また、ご紹介させて頂きます。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大松けいすけ プロフィール

大松けいすけ
氏名:大松けいすけ
ふりがな:だいまつけいすけ
郵便場号:581-0016
住所:八尾市八尾木北1-99-2
電話:072-994-4333
FAX:072-995-4100

どんな事でもご相談ください。

2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

新着情報