「身を切る時は四の五のと。身を肥やす時は粛々と」の話。

先月の8月分からの下水道使用料金が値上げ(約7億円の収入)となり、市長や議員のボーナス、職員の給与やボーナスも値上げ(昨年に遡って支給済み。約3億円の支出)になっている中、

昨日の本会議にて、以下の請願が不採択となりました。

「市長給与の削減・退職金廃止及び議員定数・議員報酬削減を求める請願の件」
(1)市長給与3割削減の早期実施と退職金の廃止を求める。
(2)次回の選挙に向け、議員定数を中学校区に1人程度とすべく、28名から13名を削減し、15名とするとともに、議員報酬3割削減の早期実施を求める。

請願の要旨は、市長の給与は月額101万円、退職金は2,424万円となっている。また、議員の定数は28名で、議員報酬は月額61万円である。現在の八尾市は人口増加、税収の増加が望めず、このままでは財政破綻しかねない状況となっている。しかし、市が進める行財政改革では、これらの財政状況を改善させる効果や成果も見られない。行われたのは手数料や下水道料金の値上げ、そして、1割削減を続けてきた市長の給与を27年度から満額に戻したこと、さらには、ごみの有料化や水道料金の値上げなど、市民にさらなる負担を押しつけるような検討が行われているのである。市民に痛みを押しつける前に、まずは、市長・議員ともに自らの身を切る改革が必要である。今回、私たちの要求が実現したならば、市長分で約4,680万円、議員分で約7億6,880万円、4年間で合計8億円を超える歳出削減が可能である。また、市長は行財政改革が進んだと言うが、結果として財政の硬直化に歯止めはかからず、職員数や超過勤務時間も増える一方である。まず、市長自らが職員の範となり、給与を大胆にカットし、退職金も廃止することで、職員の意識改革が図られる。一方、議会で質問する議員は平均して15名程度であり、質問のための質問も多く見受けられる。また、条例などの議員提案については、事務的なものを除けば、ほとんどない。このような状態が続くようであれば、市民の議会離れが進むことは明らかであり、現に投票率は低下し続けている。このようなことからも、行政をチェックする議会が、まず、少数精鋭による是々非々で緊張感のある議会となるためにも、市内に15ある中学校区数に合わせた定数削減とともに、報酬削減といった活性化が求められる。

結果としては、前述の通り不採択。

【採択】
大阪維新の会3名、無所属1名。
【不採択】
自由民主党8名、公明党6名、共産党6名、民進党(市民クラブ)4名。

請願の採決を行うにあたり、全ての会派から討論がありました。
(内容については次回以降に順次投稿します)

ただ、ほとんどの会派が討論の中で「八尾市特別職報酬等審議会」の推移を見るとの事。

先日、第1回の報酬審が開催されましたが、これから市長・議員・特別職の給与額について話し合いが進めらます。
この報酬審は、市長権限においてメンバーを決定し、市長や議員の給与額について議論をして頂き、最後は市長に対して答申を出されます。
参考までに報酬審のメンバーは、公認会計士、大学教授2名、八尾市女性団体連合会、八尾地区労働組合連絡会、八尾市自治振興委員会、八尾商工会議所、公募市民2名の合計9名です。

ちなみに、この報酬審を開催するのに必要な予算は先の6月定例会にて全会派一致で可決しています。

が、当初は市長と特別職のみの給与額について諮問するだけで、議員の報酬額については除かれていました。

なぜか?

(なぜこの時期に急遽、報酬審を開くことになったのかはわかりませんが)
市長からすれば、報酬審を開きたいが、議員報酬等について議会はいつまでも結論が出せないので、これ以上待てなかったのでしょうね。

(なお、これまで大阪維新の会は市長に対し「政治家自らが判断し、身を切るべき」と指摘を続けたのですが一向に判断されないため「自ら判断もできないなら、せめて報酬審ぐらいは開いたらどうですか」と進言し、議会に対しても「議員自らが定数や報酬の削減について、早く協議を進めるべき」と提案をしましたが、この約1年間、ほとんど議論もなく何も決定していない状態でした。)

その後、市長より「議員報酬についても諮問しますか?」との問いに、議会は「お願いします」となり、現在に至っています。

今後、どのような内容での報酬審の答申が出るかはわかりませんが、増減するには議会の議決が必要となるので、注目したいと思います。

いずれにせよ、政治家自らの給与やボーナスを上げる時には粛々と進め、削減となると第3者の意見をしっかり聞いてからのようです。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大松けいすけ プロフィール

大松けいすけ
氏名:大松けいすけ
ふりがな:だいまつけいすけ
郵便場号:581-0016
住所:八尾市八尾木北1-99-2
電話:072-994-4333
FAX:072-995-4100

どんな事でもご相談ください。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

新着情報